サービス充実の島根銀行

島根銀行の商品とサービスについて

島根銀行の経営状況

株式会社島根銀行の経営状況を確認するならば、やはり株価を確認するのが重要でしょう。昨今の株価を確認してみると、平均して1,400円から1,450円の間を小刻みに値動きしている傾向があります。平成26年1月ごろの平均株価が1,350円台だったので、現状では株価が上がってきたと言えるでしょう。

そもそも島根銀行は、バブル景気時代に不動産バブルに踊らされるようなことなく、健全な経営を行ってきたこともあり、不良債権問題において銀行の存亡にかかわるような大きな出来事を経験していないのです。そのことは現在において「地道で堅実な経営をしている」と、多くの投資家や株主に評価されているのです。

島根銀行は、主要な株主に日本トラスティ・サービス信託銀行、全国保証協会、そして島根銀行職員の持ち株会が存在しています。また、基幹システムを開発運用している富士通も大株主として名前を連ねています。銀行職員が持ち株会を作って自分の銀行の株を保有することは珍しくありませんが、大株主と言えるほどの株を所有しているのは非常に珍しいケースと言えます。

銀行の状況を知りえるのは、格付け機関の格付け、それに銀行が公表する有価証券報告書や財務状況報告書などです。これらは、会計監査人や社外監査役が厳しい基準で会計監査等を行いますから、かなり有益な情報となります。経営リスクのある銀行とは取引をしたくないのは誰しもそうですから、島根銀行でも地銀として必要な情報を公開し、企業の信用性を高める努力をしています。

CONTENTS

© 2015 サービス充実の島根銀行 All Rights Reserved.

Crafted with by BlackTie.co.